ハンドソープが品薄?手洗いでのウイルス対策は「普通の石鹸」や「ボディソープ」でも代用できます

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

最近、新型コロナウイルスの関係で消毒製品に引き続き

 

「ハンドソープ」が品薄になっているらしく、

実際僕も先程買い出しのついでに近くのドラッグストアに寄りましたら、

 

案の定ハンドソープが品薄になっていました…。。

 

(ドラッグストアには写真撮影&ブログ掲載の許可を頂きました)

 

 

 

ボトルのものはもう一つもなくて、

 

image

 

並んでいたのは詰替え用だけでした。

 

 

 

 

それでAmazonとかも確認してみても、

 

確かにハンドソープはほとんどが品切れか価格高騰

 

image

 

 

 

メルカリでは高額転売

 

image

 

(さては犯人はお前たちだな…?)

 

 

という非常によろしくない状況になっていました。

 

 

 

 

 

これは、

 

新型コロナウイルスの感染対策には「手洗い」が非常に有効である

 

ということが

 

厚生労働省などの公的機関や様々な医師・専門家が口を酸っぱくして発信しているためだと考えられます。

 

これって、アルコール消毒剤とかでも同じ状況なのですが、

 

今使用しているものを使い切ってしまったら新しいものを買うしかなく、

 

高額で転売されているものでも背に腹は変えられない…!!

 

ということで高額転売品を購入してしまう方も少なくないと思います。

 

 

 

 

しかし、効果が確実で安全に用いられる消毒剤は「アルコール」しかないというアルコール消毒剤などとは今回の一件は毛色が違いまして、

 

実は、ウイルス対策にはハンドソープでなければならないという理由は何もありません。

 

 

 

「普通の石鹸」や「ボディソープ」等で十分代用が可能なので、

 

高額で転売されているハンドソープを買う必要はありません!

 

 

 

 

◎ウイルス対策で重要なのは「洗剤で手を洗う」ということ!『ハンドソープ』である必要はない

内容が内容だけに初見様が結構いらっしゃるかもしれないので軽く自己紹介をしておきますが、

 

一応私かずのすけは、「洗剤」「界面活性剤」最も専門で研究しておりましたので

 

この一件についてはそんじょそこらのお医者様等よりよほど専門家だと思います。

 

 

ですので、相応の覚悟を持って発言しますが、

 

ウイルス対策のための手洗いには、

 

必ずしも「ハンドソープ」である必要はなく

 

「普通の石鹸」や「ボディソープ」で十分な代用が可能です!

 

 

 

新型コロナウイルスの失活効果が認められているのは

 

「エタノールの噴霧接触」もしくは「次亜塩素酸Na希釈液による拭き取り清浄」と、

 

 

「界面活性剤による洗浄」です。

 

 

 

まぁハンドソープとかも原液や3倍希釈程度であれば1分間の接触でウイルスの失活が認められた、っていうのは先日北里大の研究チームが発表していましたが、

 

市販の洗剤にウイルス不活化効果 エタノール、界面活性剤含有で確認

 

「界面活性剤」の場合、確実なのは洗浄によって表面のウイルスを洗い流すことです。

 

 

 

 

この抗ウイルス効果は非常に強力で、ちゃんと界面活性剤で手洗いさえすれば

 

相当のウイルス対策効果があるというわけです。

 

 

 

 

 

そして、この界面活性剤というのは別にハンドソープだけがそうというわけではなく、

 

 

一番代表的なのは「石鹸(せっけん)」ですし、

 

「ボディソープ」、何なら「シャンプー」「洗顔料」「食器用洗剤」などなども界面活性剤です。

 

 

言ってしまえばウイルスをちゃんと「洗剤」で洗い流せればそれでOKということです。

 

 

 

あと化粧品としての処方構成の話をすると、

 

 

市販されているハンドソープの殆どは、

 

「ボディソープ」と構成がそんなに変わらないという特徴があります。

 

あと、「石けん」を主成分としているものが多く

 

 

ボディソープや石けんであれば、

 

ハンドソープと構成も似ているし使いやすいよね、という側面もあります。

 

 

 

よりマイルドなものが良ければ「洗顔料」という選択肢もありますね!

 

 

(食器用洗剤は、最終手段ですが手肌に負担が強いのであまりおすすめはしません;)

 

 

 

同じドラッグストアでもボディソープは大量に在庫がありましたし、

 

image

 

固形石けんも沢山置いてありました。

 

image

 

洗顔料だってこんなにたっぷり。

 

image

 

 

ハンドソープがなくても、いくらでも代用できるものがあります。

 

 

 

しかも元々在庫をそこまで多く抱えていないハンドソープと違って

 

ボディソープや石けんや洗顔料はメーカーの出荷量も多いため

 

そのすべてを買い占めることはまず不可能だと思います。

 

 

 

 

ハンドソープがなければ、

 

石けん、ボディソープ、洗顔料、

 

なんでも良いので「洗剤」で手を洗いましょう。

 

 

 

(ちなみに僕はここ10年近くハンドソープを調査・研究目的以外に購入したことはありません。ずっとボディソープをハンドソープとして使用してます。)

 

 

 

 

◎薬用ハンドソープの「殺菌剤」はウイルスには効果がない!?

 

 

しかしこういう話をしますと、

 

「とはいっても普通のボディソープや石けんには『殺菌効果』がないじゃないか!」

 

という不安の声も聞こえてきますね。

 

 

確かに、高額転売されているものや人気の薬用ハンドソープには

 

「殺菌」とか「消毒」とか書いてありますよね。

 

 

さっき「ご一家様ひとつ限り!」で買ってきたこの『薬用キレイキレイ』の詰替にも、

 

image

 

確かに「殺菌」・「消毒」が書いてありますね。

 

image

 

 

以前購入してあったこちらの「薬用せっけんミューズ」でも

 

image

 

「殺菌・消毒」の謳い文句が。

 

image

 

 

 

この言葉が非常に魅力的な気持ちはとても分かるのですが、

 

実は、薬用ハンドソープの「殺菌剤」っていうのは

 

「【菌】を殺す薬」であって、「【ウイルスを殺す薬」ではないんですよ。

 

 

 

 

これ、多くの人が勘違いしていますが、

 

「菌」と「ウイルス」は全く違うので

 

「殺菌」とあるからといってウイルスにも効くとは限りません。

 

 

 

 

例えば証拠として

 

キレイキレイに配合されている「イソプロピルメチルフェノール」という有効成分。

 

 

これは薬用化粧品で最も汎用されている「殺菌成分」でして、

 

 

市販の一般的な殺菌ハンドソープのほとんどがこのイソプロピルメチルフェノールを有効成分として配合しています。

 

ビオレ、キュレル、キレイキレイ、その他大多数の市販ハンドソープがこれです。

 

 

(ちなみにこの成分はニキビ対策の有効成分でもあるので、ニキビケア用の薬用洗顔料にも普通に入っています;)

 

 

で、この成分なんですが…

 

厚生労働省の医薬品成分等についての資料

 

 

「大部分のウイルスに対する効果は期待できない」

 

と、はっきり記載があります。

 

 

安全な介護さんっていうところが調べた結果では、

 

 

イソプロピルメチルメチルフェノールのなんともイマイチな殺菌力

 

がよくお分かり頂けると思います(^^;)

 

ウイルスになんて何にも効かないです。

 

 

 

 

 

あと、ミューズは珍しく「サリチル酸」という殺菌剤を入れているのですが、

 

 

サリチル酸については、抗ウイルス作用に対するエビデンスは全く見つかりません。

 

 

効くも効かないもどこに書いてないです。。

 

(というか、多分ウイルスの試験はしていない可能性がある)

 

 

 

まぁ、おそらく成分の性質的にサリチル酸もウイルスには効きません

 

 

 

 

新型コロナウイルスは、この右側のタイプの「エンベロープ」という脂質の膜(シールドのようなもの)を持っているウイルスで、

 

https://www.seirogan.co.jp/fun/infection-control/infection/dengerous_pathogen.html

エタノールも界面活性剤も、このエンベロープを溶解する効果を持っています。

 

この脂質溶解性がある成分でないとエンベロープウイルスには効かないのですが、

 

サリチル酸って水溶性成分なので基本的に効果は薄いと思います。

 

 

 

ちなみに以下の文献ではイソプロピルメチルフェノールも含めて「インフルエンザには効いた」っていう結果が出てるんですが、

 

消毒剤を含有する市販ハンドソープ及びうがい剤製品の殺菌ウイルス不活化作用

 

 

これ、試料が「洗剤」なので、単純に洗剤だったから効いただけで有効成分は全く関係なさそうです。

(かなり微妙な論文でした。苦笑)

まぁいずれにせよ【洗剤】であればエンベロープを除去して新型コロナウイルスを失活させることは可能ですので、

 

 

有効成分自体にはなんの意味もないのであれば

 

それが入っている製品をわざわざ購入する必要はありません。

 

 

 

 

むしろ殺菌剤は手肌への刺激もありますし、

 

耐性菌を作ってしまったり常在菌に悪影響を与えてしまうリスクもあります。

 

 

特に最近では手洗いの頻度も上昇していますから、

 

よりそのリスクが顕在化しやすい可能性もあるでしょう。

 

 

それらの成分の刺激で「手荒れ」を悪化してしまう懸念もあります。

 

 

新型コロナウイルス対策の手洗いには、

 

殺菌剤配合の薬用ハンドソープはむしろ使用しない方がいいと言えます。

 

 

 

 

ですから、

 

高額転売品は絶対に買わないようにしてください。

 

 

愚かな転売屋どもに泡を吹かせましょう\(^o^)/

 

 

 

 

◎「固形石鹸」を利用する際の注意点

 

 

最後にいくつか注意点を書いておきます。

 

 

まず、「固形石けん」を使用する際には、「歯ブラシ」のように

 

家族でも一人一つずつ別々のものを使用するようにした方が良いです。

 

 

これは、石けん自体に菌が付着していて、

 

それを複数の人が使用した結果移してしまう可能性があるからです。

 

 

石けんは水に溶けていれば抗ウイルス効果がありますが、

 

乾いている状態だとその効果はほぼ完全に失われます。

 

 

あまり水に濡らさず適当に触った人がいたりすると厄介です。

 

 

職場などで使用する際には、マイ石けんの持ち歩き用ケースなども販売しているので、

 

 

そういったものを購入してマイ石けんを利用しましょう!

◎「泡ハンドソープ容器」に「液体ソープ」を移し替える際の注意点

あと、最近だと「泡ハンドソープ」というのが結構主流ですが、

 

例えば自宅で使用している「ボディソープ」を移し替えたいな!と思っても、

 

 

移し替えたいボディソープが泡タイプの液ではない場合

これを泡タイプのポンプに移し替えても上手に泡が出てこない

 

ということが起こります。

 

 

 

これは、泡タイプのソープは元々の洗剤溶液の濃度が薄くなっておりそのまま泡が立つように設計されていますが、

 

通常の液体ソープは、水やお湯をある程度加えた状態で泡立つように設計されています。

 

 

そのため、泡ソープのポンプで通常の液体を出すのは、濃度や粘度が違い過ぎて出来ないのですね。

 

最悪の場合、目詰まりや故障を引き起こします。

 

 

 

 

そこでおすすめなのは、

 

液体ソープを泡ポンプに移し替える際には、

 

液体ソープに水(できればお湯)を加えて5倍くらいに薄める

 

泡ポンプでも使用できるようになります。

 

 

 

詳しい作り方は以下の記事で解説しています!

 

無印の泡ポンプボトルを使って「ボディソープ」を「ハンドソープ」に!

 

image

 

 

上記ブログですと「精製水」を推奨していますが、このご時世精製水も品薄ですので、

 

水道水でも構わないと思います!

 

 

また、この方法で作った洗剤液は防腐剤の濃度が薄まりますので、一ヶ月程度を目処に極力早めに使い切りましょう!

 

 

 

あと、逆に「泡ソープ」用の詰替を普通のリキッドの容器に入れると、シャバシャバで使いにくいと思いますので、くれぐれもご注意くださいね(^^;)

 

固形石鹸とかよりもこちらの方が衛生的ではありますので

 

僕的にはとてもおすすめの方法です!

(僕はずっとこの方法でボディソープをハンドソープとして使用しています)

 

 

 

◎アミノ酸系ソープや弱酸性ソープでもウイルス対策はできるのか?

最後の注意点ですが、

 

最近ではボディソープなどでもお肌にマイルドな「アミノ酸系界面活性剤」というものを使用していたり、

 

肌に優しいと謳う「弱酸性のボディソープ」などもありますよね。

 

 

このような「石けん」ではないタイプの洗浄剤でもウイルス対策は可能なのか?

 

という疑問もあると思います。

 

 

特に手が荒れやすい方は石けんでの度重なる手洗いはかなり負担が大きく、手荒れが悪化しているという方も多いでしょう…。

 

 

その場合はマイルドな洗浄剤で手洗いができればかなり負担が軽減できます。

 

 

 

ただ、残念なことに

 

これまでの研究を色々見てみても

 

殆どの研究が「石けん」を用いていたり、市販の主流なハンドソープを用いていたりで、

 

アミノ酸系ソープや弱酸性のマイルドな洗浄剤を用いた研究はほとんどされていません。。

 

 

なので、

 

「十分に効果があるかどうかはわからない」

「効果があると断言はできない」

 

というのが現状での回答になります。

 

 

 

ただし、先程も言ったようにエンベロープを溶解させることができれば新型コロナウイルスは対応ができるはずですので、

 

マイルドな洗浄力のものでも、界面活性剤である以上はある程度効果がある可能性が高いと僕は思います。

 

その分時間をかけて洗うか、頻繁に洗う必要がありますが。

 

 

なので、手荒れがひどくて石けんなどの洗浄力の高い洗剤では頻繁に洗うのが難しいのであれば、

 

アミノ酸系などのマイルドなソープを使ったほうが良いという場合もあると思います。

 

 

 

ちなみに、僕は石けんではすぐに手が荒れてしまうので、

 

上記の仮説の下マイルドな弱酸性のソープで頻繁に洗うようにしています。

 

 

ただし、もしこれを参考にする場合は、

 

「絶対に効果がある」とはまだ言える段階ではありませんので、

 

その点は十分ご留意の上実践なさって下さいね!

 

ということで、本日は以上です!

とても大切な情報ですので、是非ご家族やご友人にも教えて上げて下さいね!

 

 

敏感肌向け洗濯洗剤【セララボ ファブリックウォッシュ】4月14日発売!【詳しくはこちら

CeraLabo史上最高セラミド濃度【セラキュア フェイスクリーム】新発売!【詳しくはこちら

オンラインストアURL:http://cores-ec.com/

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ 

セラヴェール スキンウォッシュ 紹介ページ 

セラヴェール プラチナムクレンジング 紹介ページ 

セラシエル レッドプロテクトジェル 紹介ページ 

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ 

セラブライト ケミカルリペア 紹介ページ

セラネージュ UVクリーム 紹介ページ

セラキュア スキンクリーム 紹介ページ

 

超ベテランコスメ開発者と手掛ける魂の合作【美肌成分事典】10月19日発売!詳しくはこちら!

【秒でわかる!最強の家事-暮らしは、化学でラクになる】発売中! 【詳しくはこちら!

【オトナ女子のための美肌図鑑】ベストセラー10万部突破!【詳しくはこちら!

      

 

<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!

(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

Source: かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

関連記事

ページ上部へ戻る