【メンズケシミン&ケシミン】何が違う?トラネキサム酸とビタミンC誘導体について解説!肝斑対策にも

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

今日は動画の更新です!

 

【メンズケシミン&ケシミン】何が違うの?炎症由来のシミに効く「トラネキサム酸」の効果とは【肝斑やニキビ痕対策にも!】

 

 

 

〈目次〉
0:00 はじめに
0:50 普通の「ケシミン」は【ビタミンC誘導体】で穏やかに効く
3:18 「メンズケシミン」は【トラネキサム酸】で炎症由来のシミに!
6:31 メンズケシミンクリームの使用感
6:56 メンズケシミン化粧水&乳液の成分と使用感
8:27 まとめ

 

 

 

こちらの動画は

 

昨日の内容とも関係するのですが

 

 

実は「ケシミン」という有名な商品には

 

メンズ向けとして発売されている「メンズケシミン」というものもあるんですね。

 

image

 

 

ケシミンについては、以下の動画で詳しく解説しているのですが、

 

 

 

 

基本的に「ビタミンC誘導体(アスコルビン酸グルコシド)」を主成分とした穏やかなシミ抑制効果となります。

 

「ケシミン」なんて攻めた名前ですが、

 

実際には主成分構成自体も敏感肌向けの内容になっており、

 

すでにできたいシミを消すほどの強い効果は見込めない…というものなのですね。

 

 

効果的なシミの種類というのも特になく、ぼんやり広く浅く効くかも?みたいな感じです

 

 

 

 

対して、

 

 

メンズケシミンさんは実は「トラネキサム酸」を有効成分として配合している、

 

全然違った商品なんです。

 

 

image

image

 

 

 

炎症を抑制してシミを予防するタイプの成分なので、

 

男性といえばシェービングとか色々な肌刺激があると考慮してこの成分になったのかもしれません。

 

 

このメンズケシミンクリームは内容的にも低刺激で女性も使えるアイテムです。

 

 

炎症を元にするシミ(炎症後色素沈着・ニキビ痕や肝斑)などに効果を発揮するので、

 

昨日言っていた「マスク肝斑」の対策にも利用可能です。

 

 

コロナ影響で【マスク肝斑】流行るかも…?「刺激蓄積のシミ対策」にオススメのアイテム

 

 

 

 

その他、より詳しい成分の解説や、

 

化粧水・乳液等についても紹介していますので

 

是非動画を御覧ください!

 

 

 

 

では本日は以上です!

 

 

 

敏感肌のエイジングケアに!【セラシエルレッド モイストクリーム】発売!【詳しくはこちら

CeraLabo史上最高セラミド濃度【セラキュア フェイスクリーム】新発売!【詳しくはこちら

オンラインストアURL:http://cores-ec.com/

ストアバナー3 

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ 

セラヴェール スキンウォッシュ 紹介ページ 

セラヴェール プラチナムクレンジング 紹介ページ 

セラシエル レッドプロテクトジェル 紹介ページ 

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ 

セラブライト ケミカルリペア 紹介ページ

セラネージュ UVクリーム 紹介ページ

セラキュア スキンクリーム 紹介ページ

 

超ベテランコスメ開発者と手掛ける魂の合作【美肌成分事典】10月19日発売!詳しくはこちら!

【秒でわかる!最強の家事-暮らしは、化学でラクになる】発売中! 【詳しくはこちら!

【オトナ女子のための美肌図鑑】ベストセラー10万部突破!【詳しくはこちら!

      

メイクも化学で徹底解明 【オトナ女子のための美容化学 しない美容】 大好評発売中!!

かずのすけがマンガに!【かずのすけ式美肌化学のルール】の紹介 

究極の美肌法を徹底収録!【どんな敏感肌でも美肌になれる!オフスキンケア】の紹介 

 

<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!

(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

Source: かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

関連記事

ページ上部へ戻る