40代がドラクエをやってみる。

40代でも楽しめるのか?

こんばんは。まるです。

私がドラクエをやったのは小学校の時、今から30年以上前です。

ファミコンで初代ドラクエをやりました。

その後シリーズ5作目でフローラビアンカの結婚イベントでマックスを迎えます。

その後だんだんプレステとか出始めポリゴンとかグラフィックがきれいなものが出始め、そういうゲームに自分もプレイし始めて、ドラクエから離れ始めました。

そうこうしているうちにオンラインだとかではじめドラクエはまったくやらなくなりました。

ですが、3DSでプレイできるものがないので、ちょこちょこ最近のゲームの情報を集め始めました。そしたらDQ11が意外と楽しいらしい。しかも40過ぎの過去作をプレイした人にも評判がいいらしい。

とのことなので、ちょっと今からお金おろしてガソリンを入れて買い物に行ったついでに買ってみようと思います。DQ11。

その前にずいぶんドラクエの世界から遠ざかっていたので、どんな作品が出てたのかさっぱりわからない。というわけで同じおじさん世代の人間にも、そしてドラクエが生まれる前の話のお子さんにも分かるようにちょっと調べてみました。

ドラゴンクエスト

発売年:1986年

ハード:ファミリーコンピューター

現在プレイできる機種:PS4、3DS

こちらは1987年にファミリーコンピューターから発売されたドラクエの初作品。主人公は一人で姫を助け出すという物語です。主人公が一人で戦闘も敵一匹でした。

ドラゴンクエスト2

発売年:1987年

ハード:ファミリーコンピューター

現在プレイできる機種:PS4、3DS

こちらはキャラが主人公以外に同じロトの血を引く王子王女計3キャラで冒険をしていく作品です。終盤の難易度は半端なかった。

ドラゴンクエスト3

発売年:1988年

ハード:ファミリーコンピューター

現在プレイできる機種:スーパーファミコン、Wii、PS4、3DS

これは16歳の誕生日に主人公が王様に呼び出されて魔王を倒しに行く物語。キャラクターを作って職業を決めて名前を付けて性別も選べて、そのメンバーで魔王を倒しに行きます。転職システムも導入され、旅をする仲間をいとおしく思ったものでした。

ドラゴンクエスト4

発売年:1990年

ハード:ファミリーコンピューター

現在プレイできる機種:DS

この作品では5章に分かれていて、それぞれの章をクリアして最後の5章でそのメンバーが集まり、馬車に乗り戦闘を繰り広げました。キャラクターが増え、アリーナなど愛着のあるキャラクターがいっぱいでした。

ドラゴンクエスト5

発売年:1992年

ハード:スーパーファミリーコンピューター

現在プレイできる機種:DS

この作品では作品に登場する女性キャラクターと結婚をするのですが、かなりえぐい話ですよね。片方を選んだら、もう片方は選べないのですから。一緒に冒険してきたのに片方を選ぶなんて、悩みました。

ドラゴンクエスト6

発売年:1995年

ハード:スーパーファミリーコンピューター

ここら辺からあまり覚えていません。作品ごとにテーマがあるので、毎回魔王を倒すわかりやすい作品ばかりではプレイヤーも飽き始めていたのか、新たなドラクエを模索し始め、あまりハッピーな作品ではなかったです。確か夢だったか2つの世界を行き来して、な話でしたが、お使いイベントな感じで、あまりストーリーは覚えていません。

ドラゴンクエスト7

発売年:2000年

ハード:プレイステーション

現在プレイできる機種:3DS

ここまではやったのは覚えている。石板を集めて回ったが、もうほんと石を集めるだけで、あまり大きなストーリーは覚えていない。

ドラゴンクエスト8

発売年:2004年

ハード:プレイステーション2

現在プレイできる機種:3DS

この作品は覚えている人も多いと思う。空と海と大地と呪われた姫君。だが永遠とマップを歩き回るのが面倒でやめた。

ドラゴンクエスト9

発売年:2009年

ハード:DS

現在プレイできる機種:DS

ここら辺からプレイしていない。小学生をメインのプレイヤーとしていた感じで、とてもその世界には入れない、と思ってやっていない。

ドラゴンクエスト10

発売年:2012年

ハード:Wii

現在プレイできる機種:Windows、PS4、switch

初のオンライン作品。

ドラゴンクエスト11

発売年:2017年

ハード:PS4、3DS

9、10がオンライン要素があったので、一人で物語を楽しみたい世代としては完全に手が出なかった。だから、11が出た時ももう即買いはしなかった。オフラインゲームらしいが。

しかし、アマゾンでレビューを見ると、40代でも楽しめるらしい。完全オフラインゲームらしいし。ストーリーもキャラも悪くないみたい。

というわけでお金おろして、ガソリン入れて、買い物して帰りに買ってみます。

Source: 副業の森

関連記事

ページ上部へ戻る