レシピ 『黒豆』

 (o^-‘)b 煮るだけでなく、水に浸して戻す作業や

      味を染み込ませる作業があるので、一日ではできないのが黒豆を煮る作業。

      うちは、毎年27日の夜から水に浸して28日から煮始め

      元旦に丁度いい仕上がりになるように作ります。

『黒豆』

 

①豆を浸します

大きめのボウルに

・黒豆、カップ2  よく洗って割れのあるものや虫食いを外します。

・水、カップ5

・重曹(食用にできるもの)、小さじ1

(ベーキングパウダーでも代用可。ただし、重曹の1.5倍の量で使います。)

・塩、小さじ1

・三温糖、カップ1.5

・醤油(キッコーマン特選丸大豆醤油を使いました)、大さじ2

よく混ぜて一晩浸けます。

 

次の日の朝

②お湯を沸かしながら火入れ

強火で沸騰するまでフタをしながら

横でお湯を沸かし始めます。

 

③沸騰してきたら

灰汁を含んだ泡が出るので泡を取り除きます。

 

火を止めずにそのまま

④熱湯をプラス

豆の頭が出ないように、沸かしておいた熱湯を加えて弱火に落とします。

 

途中で豆が顔を出すようでしたら、また差し湯をしながら

⑤ 5時間弱火で

フタをして煮ます

 

⑥このままフタをして一晩

おきます。

 

次の日の朝

⑦豆と煮汁を濾し分けて

豆は待機しておきながら

 

煮汁だけきれいにした鍋に戻し

⑧追加の甘味

・三温糖、カップ1

(この時はどのお砂糖でもOK、上白糖なら甘みが際立つサラッとした味わい

                        黒糖ならばコクの強い甘さになります。)

 

煮汁だけ

⑨半分の量になるまで煮詰め

一旦このまま冷まします。

(煮汁と豆の温度差を作りたくないので一旦冷まします。

 煮汁と豆に温度差ができたものを合わせると、皮がずる剥けたりしわしわになったりします)

 

⑩冷めたら豆を戻し入れ

 

鍋を煽るように振って

⑪豆と煮汁を絡め

一晩置いたら、黒豆完成です。

 

 

Source: ★ダーリンのつま  ダーリンの胃ぶくろ喜ぶ毎日料理

関連記事

ページ上部へ戻る